映画「SAYAMA みえない手錠をはずすまで」DVD

¥ 3,850

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • スマートレター

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 180円

※5,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

殺人犯とされて55年 
泣き 笑い 怒り 日々を”凛”として生き抜くふたりの物語

どんなに大きな苦難を背負っていても”生きることは美しい”-石川一雄さんと早智子さんとの出会いはそう思わせてくれるものだった。
1963年5月1日埼玉県狭山市でおこった女子高校殺害事件、いわゆる「狭山事件」。犯人にでっちあげられたのは被差別部落に住む石川一雄さんだった。
獄中32年、仮出獄から19年。事件から半世紀「殺人犯」というレッテルを背負い続けながら、石川一雄さんは今もなお、「私は無実です」と訴え続ける。

映画はそんな石川さんと連れ合いの早智子さんに3年間寄り添った。「不運だったけど不幸ではない!」というふたり。「冤罪」という強いられた人生を受け止めまっすぐ歩む、その何気ない日常のなかからあぶりだされたものは普遍的なメッセージだった。
「幸せとは」「愛とは」「友情とは」そして「正義とは」
・・・・・映画は問いかける。


第69回 毎日映画コンクールドキュメンタリー映画賞
第87回 キネマ旬報文化映画ベストテン第3位

監督 金聖雄

*個人視聴用に限ります。上映会はできません。